ハラスメント防止センサーシステム(アンガーマネージメント)【福祉関係】R1-3-8

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013434  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

ハラスメントに関わるワードや感情の起伏に反応し、使用者のみに知らせるハラスメント防止用のセンサーシステムの開発

anger

ハラスメントしてしまいそうな自覚のある役職者、一般職を対象に医療、福祉をはじめオフィス、教育現場で多用可能。インターネットに接続していて、最新のハラスメントワードを更新している。携帯アプリがあればさらに良く、イヤホン、バイブレーション、警報ブザー、着信音で知らせるシステムがほしい。
応用編では、ハラスメントワードの反対のモチベーションが上がるワード、前向きな言動にはハッピーコールとして加点。大声、暴言、失言、品位を下げる発言は、ネガティブコールとして減点、危険レベルで伝えられ、自分の発言:コールに対する採点が表示される。点数を気にして、コミュニケーションをとらないと減点される。更に、オンライン対戦型ゲームの感覚で、組織全体で成長マインドセットを獲得していくプロセスツール、利用者へのサービス向上を実現するためのシステムがほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。