居室で立位訓練!立てるんです!【福祉関係】R1-3-5

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013432  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

生活不活発病の予防のため、本格的なリハビリ施設でない特養施設の利用者向けのティルト機能が付いた生活用と立位訓練用2Wayベッドの開発

tateru

ベッド上生活が長くなると全身に及ぶ拘縮、変形、骨、筋、皮膚の萎縮が著明になる生活不活発病を併発する。ティルトテーブルというリハ機器は、寝た状態でベッドが床に対し最大70度とほぼ直角に引き起こされ、立位困難な方への立位訓練が可能である。本来、リハビリ室にあるティルトテーブルの機能と生活用ベッドの両方の機能を併せもつティルト機能が付いたベッドを開発してほしい。今までどうしても避けてしまっていた立位の重力訓練を克服し、拘縮、変形等をゼロにいつまでも美しい手足が保てます。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。