トイレそろそろですシート【福祉関係】R2-6-2

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016523  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

尿意や便意を感じない高齢者に対して、排泄が近くなったことを知らせる機器の開発

sorosoro

認知症などにより、尿意や便意を感じなくなってしまった高齢者はオムツ上での排泄が多くなり、その都度介助が必要になる。排泄が近くなったことが分かれば、トイレに行くことを促すことができ、介助者の負担が軽減される。膀胱の尿量や便の動きをスキャニングし介護者に排尿・排便を予測して知らせ、高齢者でも違和感なく装着でき、湿布のような薄いシート状の排泄予測デバイスを開発して欲しい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。