杖、歩行器の高さらくらく調節【福祉関係】R1-3-7

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013433  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

利用者個人の体形や姿勢にあわせて、杖、歩行器の高さを簡単に調節できる機構が付いた歩行補助具の開発

tue

杖や歩行器を処方する際、リハビリ訓練時には、その高さを調節することがある。従来のボタン式であると摩耗したり、高さ調節時に時間を費やす。2動作でなく1動作で調節可能な調節機構を調節部に組み込んだ歩行補助具を開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。