転倒通報システム【福祉関係】R1-6-4

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013441  更新日 2021年1月7日

印刷大きな文字で印刷

介護施設や自宅などのプライベートな空間での転倒時に、ナースコールや予め登録された電話番号にメッセージが発信されるウェアラブルデバイスなどの開発

tenntou

施設内での転倒事故について、ご家族からは「よく見ておいてほしい」との要望があるが、
施設での対応となると本人のプライバシーの問題もあり限界がある。
ポットで急須にお湯を入れる際、家族に安否を知らせるシステムがあったが、このアイデアは
ジャイロセンサーの活用やセンサーなどを使用して、転倒など、ピンチの時の通報される
システムである。これまでの緊急ボタンの先進型として緊急時に自発的に作動するシステムを
開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。