褥瘡予防自動マット【福祉関係】R1-4-1

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013436  更新日 2021年1月6日

印刷大きな文字で印刷

ベット上の高齢者の体形を感知し、自動で一人ひとりに合った形や寝たきりの方向けに変形し、褥瘡予防や介護者の負担軽減となるマットの開発

matto

マットに埋められたセンサーにより、ベット上の高齢者の体系を感知し、自動で一人ひとりに合った形に変形し、自動で動かせることにより定期的に体位交換ができるマットを開発してほしい。高齢者の褥瘡予防効果が期待され、人員不足の介護施設や老々介護の場面では介護者の負担軽減にも繋がる。これを車いすの背もたれに活用することにより高齢者の姿勢の傾きを矯正でき、転倒防止や利用者・介護者の負担軽減に繋がる。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。